プロジェクトリーダーの挨拶

2017年5月11日あいにくの小雨のお天気の中、ギンバラオン村パホ地区のモデルファームで地球環境基金の新規プロジェクト「フィリピンの水源地域におけるサトウキビ畑の有機農業への転換」事業の開幕式を開催しました。

当日は、GOFA(Guimbalaon Organic Farmers Association)のメンバー30名と、ギンバラオン村の村議会議員さん3名が出席し、プロジェクトの概要の説明、GOFA代表の意気込みの挨拶、ギンバラオン村村議会代表のプロジェクト歓迎の言葉などが述べられました。その後、プロジェクトのベースラインを測るため、30名のメンバーを対象にアンケート調査を行いました。有機農業に関心はあるものの、必要な資材が手に入らないため有機農業を始められていないメンバーがほとんどであり、本プロジェクトに対する期待の声が寄せられました。

メンバーの皆さんのサトウキビ畑が、豊かな有機野菜の畑に生まれ変わっていくように、3年間全力を尽くしていきたいと思います。