12月8日

マニラからの国内線セブパシフィック航空の搭乗手続きで問題が起きました。自動チェックイン機でエラーになってしまいます。係りの人5,6人に引き継がれそれぞれ別の機械で試しましたが結局だめで荷物預けカウンターに並ぶ様指示されました。行列には、大量の荷物をカ-トに積んだ人もいて時間が掛かりそうなことは、明白です。普段なら先にトイレというところですが、それどころではなくなりました。乗り継ぎに3時間半も取ったのに搭乗手続き締切時刻が心配になりました。ターミナル間連絡バスを45分待ち30分かかって来ました。やっと順番が来て予約がないと言われたらまずい事態だと不安になりました。極めて手際よく手続きしている係りのお姉さんに手招きされこの人ならなんとかしてくれると思っていたら難なく終了。90分遅れと直前の出発ゲート変更は、想定内、座席には、先に他の人が座っていましたが、すぐに解決、シライ空港では、預けた荷物が、ちゃんと出てきて、無事ジュンジュンさんに会えてほっとしました。

夕食後市役所の広場にクリスマス飾りとイルミネーションを見に連れて行ってもらいました。多くの家族が訪れていて穏やかな良い雰囲気でした。

12月9日

ダプダプで高校生達と一緒にマングローブを植えました。想像していたより小さな苗木だったので大丈夫かなと思いましたが、以前に植えられたと思われる小さな木が沢山生き残っていたので安心しました。でも人と苗木運搬のたらいを引きずって踏み潰された苗木を見かけて、苗木がもっと大きければ、踏まれないだろうかと思いました。植林地周辺は、ビニールゴミだらけの悲しい有り様でした。皆でゴミ拾いをしましたが、成果が見える様な状況では、ありません。大勢の地元の皆さんで繰り返し清掃活動を続けて欲しいです。

昼食後バラリンの植林地でのんびりしました。トムタワーでは、心地よい風があり静かで快適な環境の中、イカオ アコスタッフと4か月間ビクトリアス市役所で働いている日本人との会話を聞きました。他の植林活動参加者とは、全く比較になりませんが、会話の中で理解できる箇所が増えた様に感じました。こちらで働いている日本の方は、大学生だそうで明朗で頼もしい姿を見て感心しました。大学生が内向きになったと報道されていますが、外国で活躍している優れた日本人もいるなと感じました。

その後MJ先生の自宅に招かれて早めの夕食を御馳走になりました。先生の両親も私達を歓迎してくれて持て成しを受けました。イカオ・アコのスタッフや活動で出会う人は、優秀でなんて良い人達なんだと思います。

研修センターの敷地内に新しく事務所が建てられていました。RGさんとジュンジュンさんで建てたと聞いて こんなことも出来るのかと驚きました。

短い滞在ですが素敵な人達に会い、楽しい経験をし、マングローブ林では、くつろぎ、充実した時間を過ごし大満足です。来てよかったです。