トライシクルの寄贈式

2018年1月30日、ボホールのウバイ町カタルンガン村でトライシクル(三輪バイク)の寄贈式を行いました。

この三輪バイクは横浜ゴム株式会社及び同社の有志の社員の方々の寄付金を積み立てた「YOKOHAMAまごころ基金」様よりいただいた活動支援金で調達しました。

同グループからは、昨年度のゴミ回収施設に続き、2度目のご寄付をいただきました。

カタルンガン村は、長年のイカオ・アコの活動により、村人のゴミの分別に関する意識が高まり、ゴミの分別が行われるようになってきましたが、分別したごみを回収する手段がなく困っていました。ごみ回収用の三輪バイクを寄贈することにしたいと「YOKOHAMAまごころ基金」様にお願いしたところ、快諾を得、カウンターパートとして横浜ゴム株式会社様からもご寄付をいただくことができました。三輪バイクの寄贈に先立ち、イカオ・アコの代表とカタルンガン村の村長が、三輪バイクの活用に関し、覚書を交わしました。

今後は、カタルンガン村のごみ管理委員会がこの三輪バイクを利用して、リサイクル可能なごみを村役場に運び、分別してリサイクルに出すことで、村のごみを減らすことに貢献することでしょう。ひいては、マングローブ林に捨てられるごみが減っていくことを願っています。

利用状況については、イカオ・アコのウバイ事務所が責任をもってモニタリングしていきます。

ご支援ありがとうございました。

寄贈したトライシクル