インターンの藤井です。

11月14日、E.B.マガロナ町パシル村にてマングローブ植樹を行いました。

この地域での植林は株式会社ニチバン様の巻心ECOプロジェクトとして、2017年5月〜開始しました。ここでは、村内の約50世帯ほどが加盟しているマングローブの植林団体と共に植林を行っています。

マングローブにも様々な種類があり、その場所の土壌の状態や、海抜によって植える種類を選びます。今回はパガットパット(マヤプシギ)という種類のマングローブの苗を植えました。 この木々が育つことにより、多くの生き物の住処になったり、台風や高波から人々の家や暮らしを守ることに繋がります。

(マングローブの苗木を数える現地メンバー)

今日は、現地に住むメンバー(Brgy. Pasil Fisherfolks Association)と共に、1,000本以上の苗を植林しました。 現地には、2013年の巨大台風によって倒れているマングローブの木がいくつもあり、被害の大きさを実感しました。(下記:実際の写真)

また、他の市や海から流れてきたゴミがマングローブに絡まってしまうこともあります。植樹をして終わりではなく、その後の地道な管理が欠かせないのだと感じました。 毎回の植林のたびに笑顔で迎えてくれるメンバーにとても気持ちが温かくなります!

(藤井)