皆さん、トビタテ留学をご存知ですか?

トビタテ留学とは2020年までに約1万人の高校生、大学生を「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の派遣留学生として送り出す計画です。

先週、Ikaw-Akoの研修生だった高校生のT君は、この制度を使ってIkaw-Akoに来てくれていました。

トビタテ留学制度を検討している高校生や大学生の皆さん、ぜひ派遣先はIkaw-Akoで!!お問い合わせはIkaw-Akoホームページまでお願いします。

 

ここで研修生のT君の感想を載せさせて頂きます。実際に活動に関わって感じたことを書いてくれています。

「この1週間を一言で表せば、「一期一会」です。「一期一会」という言葉の偉大さを初めて知りました。

英語がとことんできず、この1週間、何もできなかったけど、自分にとっては、Ikaw-Akoの皆さん、フィリピンの方々に出会えたことが僕のなによりの宝物です。

この1週間のアクティビティを通し、いろんなことを感じ、いろんなことを学んだつもりです。でも、1週間のどの一瞬を切り取っても、ずっと感じていたことは皆さんの温かみです。皆さんはこんな僕にすごく親切にしてくれて、僕の心を洗い、ものすごく豊かなものにしてくれました。そして、大切なことを教え、分け与えてくれました。

これは日本にいては、決して経験のできなかったことです。

これこそが、ぼくが1週間フィリピンに、Ikaw-Akoに来た意味であり、これからの一生の財産です。

皆さんとさよならをするのは、正直ものすごくつらいです。

でも、今日が新たなスタートと信じ、この1週間の出会いと経験を糧に1歩ずつ僕の人生を歩んでいきます。そして、皆さんの記憶の中に僕が存在するうちにまたお邪魔したいと思います。

Salamat gid(どうもありがとうございました)!!!!」

IMG_6348

013

 

 

 

 

 

T君と過ごした1週間は私にとってもかけがえのない日々でした。T君から学ぶこともたくさんありました。

インターンシップでは、参加者ではなく、スタッフとして動きます。その分、準備や報告など仕事は増えますが、アクティビティで楽しそうに交流する研修生を支え、こうした言葉を頂けるのは、本当に嬉しいです。

T君、ありがとうございました。これからも素敵な人生を!!!

 

何か一歩を踏み出したいと思っている皆さん!Ikaw-Akoでその一歩を踏み出してみませんか?