7月31日から8月8日に、5人の研修生を受け入れました。

年齢もばらばらな5人でしたが、すぐ仲良しになって英会話レッスンやボランティアワークを楽しんでいました!

 

小学校の交流では、おかめとひょっとこのお面を一緒に作って、ダンスを楽しみました。小学生のみんなもダンスを披露してくれて、さらに交流会が盛り上がりました。

IMG_6992 IMG_6962

 

TUP(フィリピン工業大学)では、2人の研修生がダンスが上手だったため、ラジオ体操で準備体操をした後、ダンスを披露!クラスの中から、希望者を募って、一緒に踊りました。その後は、グループに分かれて交流。この交流は、相当英語の練習になったと思います!みんな英語を話す自信がついたのではないでしょうか(^^)

IMG_7017 IMG_7024

IMG_7039 IMG_7045

 

ダップダップ村でのマングローブ植林では、みんな泥に苦戦…。しかし、200個あったシードリングは、みんなの頑張りのおかげで30分ほどで終わりました!日本でマングローブ植林の経験はほとんどないと思うので、ここでしかできない経験だと思います。

IMG_7052 IMG_7074

 

シライ市観光では、日本大学のボランティアサークルの子たちと一緒に回りました。市場や教会、博物館やトライシクル。日本とは違う文化に触れることができたと思います。Ikaw-Akoでは、観光では味わえない”現地の雰囲気”を感じることができます!!観光の最後は、ミドリカフェでシェイクやハロハロを頂きました。オーガニックにこだわったミドリカフェではお土産も買うことができます(^^)

IMG_7099 IMG_7104

 

グアダルーピの幼稚園では、TATLONG BIBEを踊り、ひな祭りとこいのぼりの塗り絵を通して日本文化を紹介しました。塗り絵が上手なキッズたち。どれ絵が一番上手か判断するのは相当難しかったみたいです、、。

IMG_7127 IMG_7128 IMG_7125

 

最終日は、パタッグ村へホームステイに行きました。どのホームステイ先も、生徒たちを本当の家族のように温かく迎えてくれました。言葉の壁や文化の違いがあったとしても、人の温かさは万国共通なんですね。

自然豊かで、空気がきれいなパタッグ村。日本の神社も訪れ、日本とフィリピンとの関係を改めて考えるきっかけになったと思います。

 

帰国日の朝、証書授与を行いました。5人とも”またフィリピンを訪れたい”と言ってくれたことが、毎回のことですが、本当に嬉しいです。ただの参加者として参加する観光ツアーとは違って、このツアーでは自分たちの文化を自分たちで伝える活動や、植林活動などを通して、彼ら自身の成長にもつながったと思います。

IMG_7183 IMG_7184

日本での皆さんの活躍を願っています!お疲れ様でした!!