地球環境基金助成事業

フィリピン西ネグロス州における有機農業による持続可能な開発のための教育(ESD)事業

2014年4月~2017年3月まで有機農業を担う若者の育成を目的として、フィリピン西ネグロス州ビクトリアス市の農村部に位置するエスタド高校農業専攻、ビクトリアス高校ガストン分校、フィリピン中央州立大学を対象に、持続可能な開発のための教育(ESD)を実施しました。また、ESDを学校全体に浸透させるため、教員を対象とした研修を行いました。これにより、卒業生が地元に対する愛着を深め、地元に根付き、環境に配慮した有機農業や農業関連産業を担い、地域が持続的に発展していくことが見込まれます。

3年間の活動成果

ESD、実習、農家訪問などにより、農業・ふるさとの価値を再評価する高校生・大学生が増加した。従来、高校のクラスで数名が脱落していた状況が、全員が卒業することができたことから、高校終了率が大きく改善しました。マスコミにもプロジェクトが取り上げられ、徐々にESDが地域に波及しています。さらに持続可能な取り組みとするため、教員用にESDマニュアルも作成しました。

具体的な活動内容

活動1.教員に対するESD教育研修

2014年・2015年とビクトリアス市のガストン高校及びエスタド高校の教員を対象にESDセミナーを開催しました。2016年は、大学に舞台を移したため、大学生を対象にビジネスプランの作り方に関する講習とビジネスプランコンテストを開催しました。

活動2.地元発見学習

地元の良さを発見するため、高校生・大学生とともに地元で活躍する農家さんを訪問しました。

活動3.有機農業の実習

各校にデモファームを整備し、有機農業の基本を実技を交えて指導しました。

皆さんも一緒に活動してみませんか? ikawako.mangrove@gmail.com メールでの問い合わせは24時間受付中です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログ

イカオ・アコのオフィシャルブログ です。2004年~書き続けています。

フェアトレードのWebShop

イカオ・アコのフェアトレード商品はこちらのウェブショップからお買い求めいただけます。

メールマガジン

毎週一回配信中。ご登録はこちらから
  • facebook
  • twitter

Copyright © EnviromentNGO Ikawako All Rights Reserved.