フィリピンの森林について

地形

マングローブの植林フィリピンは、7,000以上の島からなる島国で、環太平洋造山帯の一部として日本とつながっています。地形は日本と似ており、島の中心部に山脈が南北に走り、水源から河口までの距離が短い川が多いです。

フィリピンの森林は、亜熱帯林、熱帯林、及び汽水域にはマングローブ林に分類される森林です。複雑な地形により、生物多様性が高く、森林に依存する哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類の数は、およそ3万8,600種にのぼると推測されています。

森林の減少

第2次世界大戦後も国土の半分以上を占めていた森林ですが、1960年代からの大規模な伐採、鉱業開発、伐採地での焼畑農業等により、大幅に減少し、1980年代に入っても、土地転換や焼畑農業、森林火災、過剰伐採などにより減少が続きました。

森林保全・造林の取り組み

森林の減少により、自然災害の増加や環境の悪化が顕著になってきたため、フィリピン政府は、1970年代後半から森林資源の保全、荒廃地の緑化のため、各種の造林プログラムや森林保全に関する法整備を実施してきました。その結果、1990年の22%から森林面積は微増しており、2010年には26%まで回復しています。

私たちの使命

今後とも、フィリピンの貴重な生態系を守り、森林面積を回復させるため、森林の保全事業、生物多様性に配慮した植林事業、森林の大切さを住民に知らせる環境教育事業等を行っていく必要があります。

皆さんも一緒に活動してみませんか? ikawako.mangrove@gmail.com メールでの問い合わせは24時間受付中です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログ

イカオ・アコのオフィシャルブログ です。2004年~書き続けています。

フェアトレードのWebShop

イカオ・アコのフェアトレード商品はこちらのウェブショップからお買い求めいただけます。

メールマガジン

毎週一回配信中。ご登録はこちらから
  • facebook
  • twitter

Copyright © EnviromentNGO Ikawako All Rights Reserved.